衣替えで洋服を収納するコツは?圧縮、畳み方で保管場所が確保できる

衣替えで洋服を収納するコツは?

衣替えのシーズンがやってきましたね。

次のシーズンまで傷みもなく、取り出したらすぐに着れるように収納をしたいものです。

それに、収納する場所は限られているからなるだけコンパクトにできたらいいですよね。

収納のコツ、洋服を圧縮の仕方や畳み方で保管場所をいつも以上に確保する方法をまとめました。

SPONSORED LINK
  

衣替えで洋服を収納するコツは?

衣替えの洋服の汚れはきちんと落としてから収納しましょう。

目に見えなくても食べこぼしやそで口に付着した汚れは後から出てくることがあります。
また、そのまま収納することで虫食いの原因にも。。

直接素肌に当たるタートルのセーターなどは目では汚れは確認できませんがそで口や首回りに、皮脂や汗が付着していることが多いです。
半年先に出した時に変色してしまった、など後悔しないためにも洗濯は行ってくださいね。

また、皮脂の臭いが他の衣類にうつることもあります。

check→→ 一度しかきなかった洋服はどうする?

やはり、衣替えとなると半年はそのままの状態なわけですから、洗ってから収納をするのが基本です。

洗濯をした他の衣類といっしょに収納するのも抵抗があります。
中には防臭スプレーを振りかけて、陰干しをした後に、洗濯した服といっしょに収納するという人もいるようです。その辺はご自身の判断でお願いします。

check→→ 防虫剤はいれるの?

収納ケースには防虫剤はかならずいれて虫の被害から洋服を守りましょう。

防虫剤の置き場所ですが、収納ケースした上側へ置くと良いです。
防虫剤の成分は空気より重く下へ貯まります。

防虫剤の臭いが嫌な場合には無臭や香り付きのものを選ぶといいです。

女性に限らず、男性も防虫剤の臭いを嫌う人が多いですが、防虫剤の代用で石鹸を使う方法もあります。

石鹸の匂いで虫がつかないということです。

筆者も石鹸を使っています。
石鹸は詰め放題とか安い時にまとめ買いをしてティッシュで包んで、収納ケースへいれています。
香りがしなくなったら洗面所やお風呂において普通に石鹸として使っています。
最後まで無駄になりません。

収納ケースをあけると石鹸の香りがするので、洋服を取り出してすぐ着て外出しても周囲に防虫剤の臭いで気をつかうこともありません。

洋服の断捨離

洋服も増える一方ではありませんか?
毎年衣替えには処分をすることも必要ですよ。

一度も着なかった洋服をざっと並べてみてどうして着なかったのか?を考えてみましょう。

サイズが合わなくなった、流行おくれ、、この2点については思い切って処分しちゃいましょう。

この時には洋服のブランドや価格のことは頭から外しておきます。
そうでないと処分できなくなります。

処分対象の洋服は捨てるのではなく、ほしい人、サイズが合う人に着てもらうという感覚で、リサイクルショップなどへ持っていかれるといいですよ。

ユニクロでも着なくなったフリーズなどでも実店舗には回収ボックスがありますし、イオンでは着なくなった洋服の下取りキャンペーンもあり、5~10%OFFの割引券がもらえます。
割引券で新しい服を購入したらお得に買えます。

クローゼットで収納するコツ

クローゼットの奥のほうは、普段は開けたりしない場所で、湿気や臭いが貯まりやすいです。

扇風機やサーキュレーターで風を送り空気の入れ替えと換気を行っておきましょう。
クローゼットは洋服を吊るしておけるのでシワにならず来季もすぐに着れますね。

クリーニングした服はビニールのカバーは取り外します。
ビニールはクリーニングした洋服を埃やよごれから守る役目に使われているだけなので必ずビニールから外して風通しのよいところで湿気をとりましょう。

クリーニングで、汚れは落ちても、即日仕上げなどでは乾燥が完全でない場合もあります。
スチームアイロンをかけてすぐにビニール袋へ保管することもあるようです。

SPONSORED LINK

クローゼットに収納する場合に、しわやほこりが気になる場合には通気性のよい不織布でできたカバーを利用するといいです。

1枚づつ収納できるもは100均でも買えますね。

また何枚かまとめてカバーして透明の窓から何が入っているか、洋服の確認ができるタイプもあります。

衣替えで洋服を圧縮してコンパクトに収納

洋服を圧縮して保管するとかさばらないから収納スペースが広く使えます。

check→→ 圧縮袋の使い方のコツ

  • 洋服はきちんと畳んでおく
  • 湿気を含んでないかをチェック
  • 空気を抜く過ぎないこと

旅行の時に圧縮袋を使って衣類をコンパクトにしている人は多いですが、旅行と衣替えの収納は圧縮している期間が違います。
旅行時は思いっきり圧縮してぺちゃんこにしても1、2日で取り出しますからすぐに元通りに戻ります。
しかし、半年も圧縮袋に入れておいたセーターは繊維が折れてしまってもとのふっくら感が戻らないことがあります。

もとの大きさ(厚み)から1/3ほどを目やすにされるといいです。

●圧縮にむかないもの
スーツ、コート、プリント柄、ビニール、合皮、エナメル、革、フェイクレザー等

襟芯が折れて型崩れしたり、ひっついたりして着れなくなる可能性が高いです。

衣替えは洋服の畳み方で保管場所をかなり確保できます

洋服は立てて収納をします。
同じ大きさに四角なるように畳んで収納すればコンパクトに収納できて場所が確保できます。

重ねて収納したら下に何が入っているのかがわからないけど、立てて収納するとしまった物全部が見えるので、必要な時にはすぐに取りだせます。

check→→ アイテムごとの畳み方

●パンツ
飛び出た部分(お尻)を内側に折り込みます。
そして収納ケースの高さに合わせて畳みます。

●セーターやカーディガン
長方形になるように畳みます。
カーディガンはボタンははめてもはめなくてもOKです。

前身ごろを上にして左の端を内側におります。
袖付けのあたりで折り返して裾の方向へ畳みます。
右側も同じようにします。

収納ケースの高さに合わせて畳んで立てて収納します。

まとめ

衣替えでいちばん気を付けたいことは湿気です。

梅雨と重ならないように前倒しでやるのがおすすめです。

空気も乾燥しているし、クローゼットや洋服ダンスの中味が変わると一挙に夏が来た感じで、気分もリフレッシュできますよ^^
衣替えで出した洋服のシミの取り方は?臭いは?一度洗うのが常識なの?


SPONSORED LINK

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする