お正月用の花の種類と意味は?室内に飾る注意点や処分はいつから?

お正月用の花の種類と意味

お正月には縁起物の花を飾りますが、一年に一度のお正月だけにどんな種類が縁起が良いのかが、なかなか覚えられませんね。

お正月用に飾る縁起の良い花の種類と意味をまとめてみました。

また、室内へ飾る時の注意点や処分はいつからしてよいのかも書いています。

SPONSORED LINK

お正月用の花の種類と意味は?

日本には縁起担ぎの習慣がたくさんありますね。

花にも健康や長生きをかけ合わせたものが数多くあり、お正月には一年の始まりだけに縁起の良い花を飾ることで幸先の良い一年を過ごすことができるという意味もあります。


天に向かって真っすぐに成長することと、節があることから、人生の数ある節目が幸せに迎えられるようにという願いが込めて使われます。
また生命力が強く、次々に新芽を出すので子孫繁栄の象徴ともされます。

また、家の前に飾る門松には歳神様を家の中へ迎え入れる目印の役目があります。


生命力が強く、四季を通して緑色の葉であることが長寿や健康を象徴する縁起の良い木とされています。

葉牡丹
幾十にも重なる葉が「吉事が重なる」といわれています。

千両
赤い実をたくさんつけるので、子孫繁栄の象徴とされます。
 沢山成る実をお金に見立てて千両という名前が付いたようです。

南天
難を転じて福となす縁起物とされ、昔は手洗いの外に植えることが多く不浄を清めるとも言われます。
その他、防火や厄除けに良いとされ庭や鬼門に上らえる木でもあります。


寒い冬を耐えて一番に咲く花として松竹梅として縁起の良い組み合わせと古来からされています。
しかし花をつけるのは2月ですから、お正月用としてはあまり出回ってないかもしれませんので別の縁起の良い花で代用してもよいですね。


竹、梅、蘭と共に四君子とよばれて各の高い花です。
全ての方向からの厄から身を守ってくれる花ともされます。

皇室の紋章でもあり格式が高い花です。
長持ちをするので長寿の意味もあります。

薔薇
見た目の美しさと日持ちが良いため長春花とも呼ばれて縁起の良い花とされています。

百合
聖母マリアにささげられた純潔のシンボルと言われています。
その他にも純粋、という花言葉もあります。
見かけも優美で香りもよく大きな花に存在感もあります。


花の女王とも呼ばれ、日持ちもよく、高級なお祝い用の花とされます。
優雅、上品、美などの花言葉があります。

カーネーション
母の日の花として有名ですが、一般的な花言葉として神の愛と言われます。
5月の花とされますが、近年の進化した栽培技術で薔薇、百合、菊などとともに一年中花屋さんに取り扱いがあります。

また、お正月に飾ってはいけいないとされる花は特にありませんが、やはり縁起の良い花を中心にアレンジをして飾るとよいです。

お正月用の花を室内に飾る注意点

お正月用の花を室内に飾る時には室内温度が重要です。

室温が高いと花の持ちが悪く、しおれるのも早いです。

SPONSORED LINK

お正月用の花は家の中でも温度の低い玄関や普段使ってない床の間のある和室へ飾るのが良いでしょう。
花が長持ちしますし、水やりも3日に1回ほどで良いです。

また今はマンション暮らしの人も多く門松を置けない人、一軒家でも門の前に置かない家も多くあります。

しかし門松は歳神様に家の中へ入っていただく目印にもなるものですので、室内用の花を玄関に飾り、その中へ門松をアレンジする人も多くみられます。

通販の生花アレンジにも種類が豊富にあるようです。

お正月用の花を飾る前には、まずどこに飾るかを決めます。
生け花にした時の大きさの目安として高さと横幅を測っておきます。

さらに花瓶の大きさも決めてから花を買われると無駄なく購入できます。

花屋さんにもお正月用の花束が用意されているのでそれを基本に買い足しの花を選ぶ方法もよいでしょう。
また、飾り付けもいろいろあります。

縁起の良いものとして扇や凧、その年の干支の飾りやお正月らしい羽子板やコマの飾りを付け足すと一層お正月ムードが盛り上がりますね。

お正月用の花を処分する日はいつ?

お正月の花を飾っておくのは門松を飾っておく期間の「松の内」までです。

松の内を過ぎるとお正月用の花はいつ処分をしてもよいです。

この松の内は関東、関西や地方によって違います。

関東は7日まで、関西では15日までが松の内とされます。
それ以降で処分をするとよいです。

しかし、絶対にお正用に購入した花を全部処分しなければならないということもありません。

お正月の縁起ものとして使われた松、竹、南天やお正月をイメージする小物の飾りを取り除けばそのまま枯れるまで観賞用として残しておくと良いです。

百合や蘭、菊、カーネーション、バラ等は年中どのシーンでも飾っておかしくない花です。
また梅の花は初春の花として鑑賞するとよいですよ。

まとめ

お正月の花は絶対にこれというものはありません。

アレンジの仕方で縁起の良い花を2、3点加えることでも構わないです。

お正月の花を飾って用意することで新年を迎えるムードが高まるし、来客があった時には華やかさを添えてくれます。


SPONSORED LINK

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする