タオルのごわごわをふわふわに復活できる?洗い方や、干し方のコツは?

タオルのごわごわをふわふわに復活できる?

ふわふわだったタオルを洗濯したらごわごわになっちゃったってことありませんか?

長く使っているならともかくまだ新しいのに。。

それがお気に入りのふわふわタオルだったらなおさらショックは大きいですよね。

ごわごわになったタオルをふわふわに復活できるかや、洗い方や干し方のコツについてまとめました。

SPONSORED LINK
  

タオルのごわごわをふわふわに復活できる?

ふわふわがゴワゴワになったのには原因があります。

タオルの繊維が寝た状態で急激に水分が蒸発したことにあります。

また、干す前にしわを伸ばしたりの作業もしてなかったのではないでしょうか?

また、洗剤が残っていたりすすぎが足りなかったりすることも関係します。

でも、大丈夫です。

ごわごわになったタオルをふわふわに復活できます。

タオルをふわふわにする洗い方

洗剤の量は洗濯機に応じて入れすぎるのもよくありません。
もう一度洗濯機の説明書を読み適量を入れてくださいね。

洗剤ですが、弱アルカリ性と中性があります。
アルカリ性は洗浄力が強い分ごわごわの原因になります。
中性洗剤を選ぶとごわごわしにくいです。

でも中性洗剤だかろ汚れが落ちないわけではありません。
やさしい洗いがりで繊維を傷めないという特徴があります。

すすぎですが、ドラム式の場合にはすすぎの水量が少ないです。
そのためすすぎの回数を1回増やすといいです。

洗剤が残っていた場合でもすっきりと洗うことができます。

柔軟剤も適量つかいましょう。

さらに、ドラム式の場合には乾燥機を利用するといいです。
乾燥機はタオルに空気を含ませながら回転します。
そのことでパイルの目がきれいに整い、一つ一つが立ち上がってふっくらと仕上がります。

また、回転により適度な衝撃でしわも伸びます。

タオルをふわふわにする干し方

一般的に直射日光に当ててカラッと乾かすのが気持ちいいとされますが、ふわふわタオルを求めるのであれば日陰で風通しのよいところに干しましょう。

その理由は太陽に直接あてることで繊維が立たないままに水分が蒸発して乾いてしまいます。
そのためごわごわした肌触りになります。

シーツなどなら問題ないですよね。

ふわふわにする干し方は風通しのよい日陰です。

SPONSORED LINK

干す前にはしわを伸ばしましょう。
一度小さく畳んで軽く両手でぱんぱんとはたくとしわは取れます。

その後に干します。
日陰に干すことで徐々に水分が蒸発してその過程で繊維も立ち上がりふわっとしたしあがりになります。

水分を残すために脱水もゆるめにするのもいいです。

おすすめのタオルに育てるタオルというのがあります。

特殊糸でできていて洗って乾かすごとに空気を含みふわふわとボリュームがでてがだんだん育ってくるというタオルです。
洗濯後は2倍のボリュームになる不思議なタオルです。

まとめ

洗濯の仕方や干し方で肌ざわりも変わってくるんですね。

できるだけふわふわした感触を長くキープできるようちょっとした気配りをしてくださいね。

ドラム式洗濯機がかび臭い原因と対策 、乾燥機能や洗濯物、排水口がにおう時


SPONSORED LINK

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする