尿漏れの原因、女性で50代では?改善の仕方や臭い対策の提案

尿漏れ 原因 女性 50代

若いころはまったく眼中になかった尿漏れをまさか自分がするようになるなんて、、

急に尿意を感じてトイレまで間に合わなず漏らしてしまうことが多くなったとお悩みではありませんか?

でも、50代になったからと身体の老化を理由にはしたくないですよね。

回りにいる同年代の女性は尿漏れをするのか、どうなんだろう?と気にもなります。

50代の女性の尿漏れの原因と改善の仕方や臭い対策についてまとめました。

SPONSORED LINK
  

尿漏れの原因、女性で50代の場合は?

急に尿意を感じてトイレに行きたくなり、間に合わず尿漏れを起こしてしてしまうことがあります。これは、切迫尿失禁といって女性の尿漏れに多い症状です。

原因は加齢による、骨盤底の筋肉が弱ってきた為で、腹圧に耐えられなくなり尿漏れを起こします。

一方、笑ったり、くしゃみをした時に尿漏れを起こす腹圧性尿失禁も女性に多い尿漏れの症状です。
こちらは、出産経験がある女性に多いといわれますが、切迫尿失禁の原因でもある骨盤底筋の機能低下は出産経験がない女性でも50代という年齢による影響を多大に受けています。

女性は50歳前後で閉経を迎えます。
閉経により卵巣からのホルモン分泌が減少して更年期障害を起こす人は多いですが、その内の一つに尿漏れが含まれます。

女性ホルモンのエストロゲンが減少すると尿道組織が委縮したり硬くなることが、尿漏れの一因にもなっています。

その他、女性ホルモンの減少で、脂肪が代謝されにくくなるのに加え、、基礎代謝も減量し、食べた分が燃焼できなくなり、体重増加につながります。
体重が増えると腹圧も大きくなり尿漏れを起こす原因となります。

尿漏れする50代の女性の改善の仕方

水分の摂り過ぎに注意

まず日常生活において水分の摂り過ぎはないかをチェックしましょう。
食事などから摂れる水分を除いて1日摂取する水分は1000ml~1500mlが適量といわれています。

50代の女性は若い頃に水健康法というのが流行った年代だと思います。
ミネラルウォーターをガバガバ飲むことで代謝がよくなり痩せやすい体になるなどが20年ほど前に話題になっていました。
また今でも水は老廃物を排出するから飲んだ方がよいということも言われています。

しかし、先ほどもいいましたが50代は閉経、女性ホルモンの減少などにより代謝が落ちています。

万が一、未だに水をがぶがぶ飲んでいる生活を続けているのなら水の摂取制限をしましょう。
1日平均して3~5回トイレに行くのが(1回の排尿量は300mlほどの場合)一般的とされています。

自分は1日に何回トレイへ行くかをチェックしてみましょう。
回数が多ければ飲む水の量を調整しましょう。

関連して、水を多くとることでお腹に水が貯まりその結果冷えにつながります。
冷えが全身に回ると代謝が滞り、水を体外へ出すことがうまくできなくなります。

手や足が冷えている人は水の飲みすぎに注意です。

骨盤底筋を鍛える体操

骨盤底筋は肛門、膣、尿道を下からハンモックのように支えてくれている筋肉です。

腹圧に耐えられるように骨盤底筋を鍛えます。

骨盤底筋体操のやり方

・足を肩幅程度に開いて立つ。
・肩の力を抜いて肛門を閉める。
・膣を閉める。
・お腹を胸の方へ引き上げるイメージで息を吸う。
・息を吐きながら肛門や膣を占めていた力を抜いてリラックスする。

この時にお尻の両側の筋肉やお腹の筋肉が硬くなっていないか、注意しましょう。
もし硬くなっていたら、力の入れ方が間違っていて、骨盤底筋のトレーニングにはなっていません。

あくまで、肛門、膣だけを引き締めるのが骨盤底筋の体操です。

回数は5~10回ほどを1セットとしてやります。

●座ってする場合

・椅子の浅く座ります。
・足は肩幅に開く。
・足、お腹、腰の筋肉はリラックスした状態を維持します。
・立って行ったように肛門を閉める。膣を占める。
・お腹を胸の方へ上げるイメージで息を吸う。
・その後力を抜いてリラックス。

この他にも骨盤底筋を鍛えるトレーニングは仰向けに寝てやる方法など、いろいろあります。

症状の改善が思うようにいかない場合には病院で診察されてください。

尿漏れを回りに知られたくない、病名が言いにくいという女性が多いのを考慮してUUI(ユーユーアイ)と伝ることで切迫性尿失禁を意味し、尿漏れの診察をしてもらえます。

病院での検査は尿検査の他、問診や超音波の検査などが行われるようです。

その前に排尿について一日の量や回数などの日誌を付けておくと治療もスムーズに行えます。

尿漏れする50代の女性の臭い対策

家にいる時はいいですが、外出先では尿漏れした状態ではやはり下着についた臭いが気になります。
自分では気にならないつもりでも、ふっと同年代、いやそれ以上の年代の女性とすれ違った時にアンモニア臭がしたという経験はありませんか?

そういった臭いを経験した人はやっぱり自分も同じ臭いがしているんだなとショックは隠しきれません。

SPONSORED LINK

臭い対策には一般的には尿パットを使う人が多いです。
しかし、ちょっとした量なのに下着がごわごわするなど違和感を感じてしまったり、自分の老化に情けなくなったりしがちです。
まるで寝たきり老人になった気分になったりと落ち込みます。

尿パットでも薄手のシートタイプもあります。

尿漏れの量やパットやシートのタイプがいろいろ試せるセットも格安で販売されています。
そういったものを利用されて自分に合った尿パットを探すといいです。

送料無料 500円

外出には、尿パットを何枚か用意して持参します。
トイレにいくたびに変えると臭いも気になりませんし、下着を汚すこともありませんね。

最近の公衆トイレはウォッシュレットがついているタイプが多いです。
でも尿の臭い対策に不特性多数の人が使ったウォッシュレット(ビデ)を使うのはよくありません。

反対に雑菌が入り込み膀胱炎の原因にもなりかねません。

体用の汗ふきシートなどを利用するといいです。
外出先のトイレへ行くたびに利用して拭き取るだけでもむれた時に上がってくる臭いも防げるし、石鹸に香りがするタイプんど自分自身がすっきりすると思います。

体の汗ふき用ですが、汗にもアンモニアが含まれていますから同じ臭い対策に利用できます。

かさばらないので携帯にも便利です。

また下着やズボンなどは普通に洗濯するだけでは尿の臭いはとれません。

洋服の生地にもよりますが、特に指定がなければぬるま湯に洗剤と粉末漂白剤(ワイドハイター等)を適量を入れて日常の洗濯なら15分~30分ほどつけ置きします。

尿の臭いは水よりもお湯のほうがよく落ちます。

つけ置きには液体の漂白剤より粉の漂白剤のほうが効果が大きいです。

また、洗剤のアタック Neo(ネオ)抗菌EX Wパワーは酸素系の漂白剤入りなので別に漂白剤をつかわなくても臭い対策ができます。

洗剤はいろいろ使ってみるといいようです。

もし、臭いが気になるようなら家族に尿漏れのことは伏せておいて、何か臭いがしない?などと尋ねてみるのもいいですね。

まとめ

尿漏れの量が少量だから、、と油断しているとだんだんひどくなります。
老化によるものは避けられません。

適度な運動と尿取りパットをこまめに取り換え、洗濯も臭い取りの処理をすれば完璧です。

落ち込んだり、外出を避けるなどは改め、社会と積極的にかかわりましょう。

50代は人生の半分です。まだまだこれから、先は長いですよー


SPONSORED LINK

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする