台風の低気圧で眠気がひどい原因は?対策や体調を整える食べ物

台風の低気圧で眠気がひどい原因は?

台風が近づくと、必ずひどい眠気がするとと悩んでいませんか?

晴天であっても、台風が接近する2、3日前から眠気に襲われるという人もいます。

眠気は仕事にもさしさわるし、車の運転中に眠くなったら事故にもつながります。

台風の低気圧で眠気が起こる原因や眠気をなくす対策や食べ物についてまとめました。

SPONSORED LINK
  

台風の低気圧で眠気がひどい原因は?

低気圧が近づいてくると急に湿度が高くなったりして、体や神経に影響を及ぼします。
台風は通常よりかなり早いスピードで移動する為、急激な気圧の変化が、ストレスとなり、それを抑えるために自律神経が活性化されます。

自律神経には交感神経と副交感神経がありますが、この双方のバランスがうまくできない時に眠気や頭痛などの体調不良をおこす原因につながります。

しかし、だれでもが台風が近づくと眠気などの体調不良を訴えているわけではありません。
気圧に敏感な人、特に耳が敏感な人に症状が出やすいようです。

台風接近で眠気やだるさを感じる人は副交感神経が活発になっている人です。
反対に気分が憂鬱になったり、頭痛がしたり古傷が傷んだりする人は交感神経が活発になっている人です。

このように人それぞれ症状は違いますが、自律神経のバランスを整えることが台風の低気圧による眠気の予防につながります。

低気圧で眠気をなくす対策

低気圧による自立神経のバランスを整えることで眠気対策ができます。

●運動をする
エアコン利用による室内と屋外の温度や湿度差による体のリズムが狂うことで自律神経の乱れにもつながります。
それを改善するには適度に汗をかき体の代謝をよくすることです。
ウォーキングなどの軽い運動でも続けて行うことが大切です。

●つぼ押し

自律神経を整えるツボをおし

台風の低気圧で眠気がひどい原因は?

神門(しんもん)・・・自律神経のバランスを整えストレスの軽減につながります。
手首の付け根の小指側の骨と筋の間にあるツボです。
反対の手で手首を挟むようにして押すと圧をかけやすいです。

※ツボを押す以外でもツボに家庭でできるお灸をすれるのも効果的です。

心包区(しんぽうく)・・・交感神経をリラックスさせるツボ
場所:手のひらのちょうど中心にあります。
親指やボールペンなど先の丸い棒で圧をかけてもみます。

SPONSORED LINK

指間穴(しかんけつ)・・・自律神経の乱れを改善させるツボ
場所:手の甲の各指のつけね部分にあるツボ。
反対の指で押しながら下方へ引っ張るようにツボを刺激します。

●質の良い睡眠をとる

生活環境やや仕事などの不安やトラブルなど悩みが貯まるとストレスとなり、質のよい睡眠がとれません。
睡眠不足は自律神経の乱れにも大きく影響をします。
生活リズムを整えて十分な睡眠をとるように心がけましょう。

●アプリを活用する【頭痛ーる】

低気圧による眠気やだるさが起こりそうな時間を予測をするアプリです。

予測時刻はお知らせもしてくれます。

アンドロイド
>>頭痛ーる アプリ

APPLE
>>頭痛ーる アプリ

低気圧の体調不良を整える食べ物

低気圧による自律神経の乱れを改善する食べ物を摂ることで体調を整えることができます。

●眠気をなくす食べもの

生姜に含まれるジンゲロールという成分が眠気防止効果があります。
体温が下がると眠くなる習性がありますが、生姜は身体を温める効果もあり血液の循環をよくし、眠気防止にもなります。

チョコレートやココアに含まれるテオブロミンという成分が眠気防止に効果的です。
集中力や記憶力をあげたり、自律神経のバランスを整える効果も期待できます。

●ストレスにより減少するビタミンB群を補給

豚肉、豚レバー、牛レバー、うなぎ、たらこ、さんま、バナナなど

●イライラにより不足するカルシムを補給
小魚、海藻類、乳製品など

●セロトニンを増やしてストレスを減少

セロトニンは脳内物質で、増えることで幸福感に大きな影響を与えています。
別名幸せホルモンとも言われています。

セロトニンを高く保つことで心地よい睡眠につながり、不眠症やイライラ、眠気、ストレスなどの不安定な精神状態を改善する効果が認められています。

セロトニンは体内で作られない為、食べ物から摂る方法しかありません。

セロトニンを増やす成分であるトリプトファンを多く含む食品を摂取する。
【例】豆腐、納豆などの大豆類やチーズ、牛乳、、鰹、まぐろ、ナッツ類

不足分をサプリメントで補う方法もあります。
>>セロトニン配合 潤睡ハーブ

まとめ

台風の時期の眠気は気圧のせいだけでは済ませられないことも多いです。
眠くても日々やらなければならないことは沢山あります。

9月は夏の間のエアコンの効いた室内と高温の屋外との温度差による疲れもたまっている時期です。
それだけに自律神経が乱れやすいです。
体を動かして汗をかき体の循環がよくなるように心がけましょう。
また、食べ物でも日々気を付けて自律神経が整えられるようバランスよく摂り、今年こそや眠気やだるさが改善できるようになりたいですね。


SPONSORED LINK

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする