古希のお祝いはいつする?義母の祝い方は?おすすめなら?

古希 お祝い いつ

日本には節目の年齢ごとに、長寿のお祝いをするなる習わしがあります。

古希のお祝いは61歳の還暦のお祝いをした次に訪れる長寿祝いです。

古希のお祝いはいつするかや義母の古希のお祝いの仕方や手作りで喜ばれる事やおすすめについてまとめました。

SPONSORED LINK
  

古希のお祝いはいつするの?

古希の祝いは数え年で70歳を迎えた年に行います。

一般的には、70歳の誕生日に家族や親せきが集まっていつもより盛大に祝ってあげます。
お祝いは過ぎると良くないといわれるので70歳の誕生日前にやるのがいいです。

還暦は赤いちゃんちゃんこなどカラーは赤でしが、古希は紫色のものを贈ると縁起がよいとされています。
昔からの習わしだど紫色の座布団やちゃんちゃんこです。

しかし、今の時代、紫色のちゃんちゃんこを着る人はほとんどいません。
座布団も実用的ではありませんね。

タンスの肥やしになりかねないので趣味の品や使ってもらえそうな洋服やスカーフなどに紫色が入っているものを祝いの品として贈られるといいです。

座布団の代わりに実用的なクッションや枕&枕カバーなどで代用するとよいかもしてません。

また、古希の祝いに現金を考えている人も多いと思いますが、現金はなかなか使ってもらえないようです。

現金を贈っても熨斗袋に入ったままとか、仏壇にしまい込んで手をつけてない事が多いようです。
若い人ほど物欲もなくなった古希のお祝いのプレゼントには物よりも思い出を優先されるといいです。

心のこもった品や家族の集まりの会などをされる方が喜ばれます。

なかなか会えない兄弟、孫が全員集まるほうが現金を渡すより感激してもらえます。

義母の古希の祝い方 注意することは?

先走って一人で決めるのはよくありません。

義母の古希の祝いについては、ご主人の意見に従ったほうが無難です。
と、いうのも古希など長寿の祝いなどに無関心の家もあるからです。

万が一、無関心でやる気がないなら同じ親で育ったご主人の兄弟も同じ考えの場合が多いようです。
でも気になるなら何げなくご兄弟に電話して聞いてみるのもいいでしょう。

もし、無関心であれば古希のお祝いはやらない方がいいです。
義母もそういった祝い事には興味を示さない人かもしれません。

そうは言っても自分の気持ちが収まらないのであれば、さり気なくお食事に誘ったり、気を使わない程度の簡単なプレゼントをされるといいでしょう。

また、兄弟で古希の祝いをやることになった場合は、自宅で手作りの料理やケーキを作ってお祝いをするのが喜ばれます。

その場合にもご主人の兄弟と相談をして費用面でも均等に分けるのがいいです。

古希の祝いの相場に関しては、決まりもないし気にすることはありません。
金額より気持ちです。

自宅ならそれほど費用はかかりませんし、自宅でするメリットは沢山あります。

SPONSORED LINK

移動をする必要がない、
疲れたらすぐに横になれる
義母の好きなものを作ってあげられる
時間を気にしなくてもいい
孫が騒いでも回りに気を遣う必要もない。

料亭などは時間制限がある場合もあります。
しかし自宅なら時間はまったくきにしなくてもいいですよね。

また、全て手作りの料理ということもありません。
お寿司を注文してもケーキを注文してもいいです。

お料理のうち何点かを義母が好きなものを並べてあげると喜ばれます。

また孫の演出も大きな感激につながります。
孫が踊りをおどったり、歌をうたってあげたり、メッセージ(お手紙)を読み上げたりする場面を作ります。
花束を渡すのもいいです。

古希を迎える義母にとって子供より孫から祝ってもらえるほうが嬉しさも違うようです。

この様子もしっかりビデオや写真に撮っておくといいです。

全員の集合写真は、後日フレームに入れてプレゼントされると、さらに喜んでもらえますよ。

古希の祝いで義母におすすめは?

家族旅行がおすすめです。
もし、兄弟で日程がそろわなかったら貴方の夫婦と子供だけの家族旅行でも構いません。

24時間いっしょに過ごすことで、平素の姿を見せてあげられて良い思い出となります。

また、義母が喜びを感じるのは「家族に愛されている」と思えることです。
何気なく、いつもありがとう、長生きしてくださいね。と会話の中に入れるだけでも気持ちは伝わります。

また、義父もお元気なら夫婦2人だけの旅行を計画してあげるのもいいでしょう。
どこがいいかを聞いてプランを整えてあげるといいです。

70歳はまだまだ元気ですが、年々衰えてくる足腰、この先どうなるかはだれにもわかりません。
夫婦の思い出を作ってあげるのも良いことです。

この他でおすすめは名入れできるペアの湯飲みやコーヒーカップなどもおすすめです。
また、家庭内の電化製品などで傷んでいるものがあれば買い替えしてあげるのもいいです。

バッグや財布など、高価な品は反対にもったいないと使ってもらえせん。
普段使いできるものをお祝いとして贈るのがおすすめです。

まとめ

私の義母も古希のお祝いは数十年前に行いました。
といっても入院中だったので大げさなことはしていません。

花束と犬のぬいぐるみで古希のお祝いをしました。

花束はいつもありがとうごございます。元気で長生きしてくださいね。という意味です。
犬のぬいぐるみは「早くいぬ(家へ帰る)ように」という意味で持っていきました。

ささやかですが、喜んでもらえました。

還暦と定年の父へプレゼントでおすすめは?相場やメッセージ文例
喜寿のお祝いで現金の相場は?祝儀袋の表書きやメッセージの文例
米寿のお祝いで孫からの金額相場は?贈る言葉やプレゼントの提案


SPONSORED LINK

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする