生理の血で汚れた布団の落とし方は?シミ抜きや汚さない方法について

生理の血で汚れた布団の落とし方は?
毎月の生理が憂鬱、布団を血で汚したらと悩んでいませんか?

女性であればだれしも経験があることなのですが、できるだけ家族には知られたくないし、自分で血を落としたいですよね。

生理の血で汚した布団の落とし方やシミになってしまった血液の対処法、汚さない方法についてまとめました。

SPONSORED LINK
  

生理の血で汚れた布団の落とし方は?

生理の血がついてすぐなら水で濡らしたタオル等で簡単に落とせます。
軽くたたいて拭き取ってみてください。

また、鉄則として、血の汚れを落とす時はどんな場合でもお湯ではなく水を使います。
その理由は血液はたんぱく質が成分で熱を加えると固まる性質があります。

簡単に落とせる血の汚れでもお湯を使うことで、シミとなって跡が残ってしまうこともあります。

布団のシーツやカバーについた血の落とし方

シーツの場合には血が付いたところだけを固形石鹸を塗りつけて水で洗い流し、ワイドハイターなど粉タイプの洗濯用漂白剤につけ置きしておくといいです。

その後は普段通りに洗濯すれば綺麗に血は落ちています。

布団についた生理の血の落とし方

石鹸をつかう方法

石鹸を水で溶いた石鹸水を含ませた布で、血が付いた部分を軽くこすりながらポンポンと叩いて血液を浮かせます。

その後、水に濡らして絞ったタオルなどで先ほど石鹸水で血を浮き上がらせた部分の汚れをふきとります。
何度か繰り返しおこないます。

最後に乾いた布で水気をふき取ります。
完全にはきれいにはなりませんがかなり薄くなります。

石鹸水を使う理由ですが、タンパク質の汚れ(血液)はアルカリ性で落ちやすい性質があります。石鹸はアルカリ性です。

オキシドールを使う方法

綿棒にオキシドールを含ませて血が付いたところに塗ります。
薄くなってきたら、らさらに塗りたします。

血液が落ちたら塗れたタオル等で拭き取ります。

オキシドールがなぜ血液を落とす効果があるかというと、オキシドールの成分の過酸化水素は液体の酸素系漂白剤の主原料にもなっているため漂白作用があるのです。

そうかといって洗濯用の漂白剤を同じように綿棒に浸して血をふき取っても布団の生地の素材によっては色落ちしたり縮んだりする場合があります。
漂白剤を使った後は十分に水で絞ったタオル等で拭き取る必要もあります。

その点、オキシドールなら肌へ塗る消毒液なので布団など丸洗いが難しいものには十分な水洗いやすすぎができなくても害にならない点が安心できます。

汚れが綺麗に落とせた場合には水気をとるためにドライヤーを使って乾かすのもいいです。
しかし、中途半端に落とした状態でドライヤーを使うと汚れが熱で固まって、次に落とそうと思ってもなかなか落ちにくくなります。
注意してくださいね。

生理の血がついて時間が経過したシミの場合

生理の血がついたのがいつかわからなくて時間が経過してシミになってしまった場合でも落とす方法があります。

大根おろしで血液のシミを落とす

大根を大根おろしにしてガーゼでくるみ、ポンポンと軽くたたくと古い血液の汚れも落としやすいです。
大根(アルカリ性)に含まれるタンパク質分解酵素(プロテアーゼ)の働きでシミが分解されます。

酵素は大根おろしで出た汁にたっぷり含まれています。

ガーゼの以外でも歯ブラシや綿棒を利用するのもいいです。

SPONSORED LINK

マジックリンを利用する

2~3倍に薄めたマジックリンを血が付いた部分に綿棒などにしみこませて、しばらく置きます。

数回マジックリンを継ぎ足して塗り重ねます。

さらに水につけてモミ洗いをすると血液がとけた輪染みの心配もなくきれいに落ちます。
マジックリンもアルカリ性です。

しかし、大根おろしやマジックリンを使う方法は素材にもよります。
マジックリンを使った後は水洗いが必須ですが、洗濯表示マークで水洗いができない、家で洗濯不可等の場合には、クリーニング店にまかせることをおすすめします。

市販品を購入する

血液を落とす専用の洗剤も販売されています。

・アルカリウォッシュ

重曹より強力に汚れを落とす「セスキ炭酸ソーダ」が成分です。
布団についた血液の汚れはスプレー容器に100mlに対し1gを入れた薄め液を作ってそれを綿棒にしみこませて拭くとよいです。

生理でも布団を汚さない方法について

月経カップを使う

月経カップは最近話題になっている商品です。

取り扱い難しいのではと思われがちですが、一度使ったらこんなに生理が快適なんてと評判です。
1日に2~3回取り替えるだけでよく、寝ている間に漏れて布団を汚す不安もなくなります。

生理中でも温泉旅行に行けたと喜んでいる人もいます。
また、月経カップは繰り返し使えるので経済面でもおすすめです。

防水シーツを利用する

子供用のおねしょシーツや介護用のシーツでお尻部分だけの大きさの防水シーツを利用する方法です。
防水なのでもし血が漏れても布団につくこともありません。

また代用としてポリバケツ用のゴミ袋を敷布団の上におき、そのうえにバスタオルを敷いてねると布団を汚す心配もありません。

その他には、ゴミ袋の下部を切って筒状にします。
筒に体をいれてウエスト部分を軽く紐で結ぶと防水スカートができます。
お尻や腰回りだけが防水できて、布団を汚すこともありません。

ナプキンを重ねる

ナプキンだけの使用より、タンポンをいっしょに利用すると血の漏れ防止にもつながります。
タンポンは使用時間など厳守することがありますのであらかじめ使い方の説明をよく読んでお使いください。

ショーツ型のナプキンもありますがお尻全体がナプキンのようで漏れ防止にも効果的です。

体にフィットする下着を履く

サニタリーショーツが体にフィットしているかも重要です。

洗濯を重ねるうちに伸びてゆるみができていると横になったらお尻からずれて血が漏れる確率も高くなります。

また、生理の期間だけ夜にガードルを履いて寝ると体にフィットしてもれにくいです。

夜だけ布ナプキンにする

紙ナプキンには水分を吸う力に優れた分子をもった吸水ポリマーが使われていることが多いです。
吸水ポリマーは、血液を吸ったら冷やしてゼリー状に固めます。
この冷えが体を冷やし、生理の出血にも異常をきたしたりすることもあります。

着なくなったTシャツ(洗濯済み)を適当な大きさに切って紙ナプキンを敷いた上に重ねます。
紙ナプキンが肌に当たらない厚みに重ねます。
そうすることで寝ている間の生理の出血量が正常なって量が減った人も多くいるようです。

布ナプキンを愛用している人の中に、寝ている感はほとんど出血しないという口コミも多くあります。

追記.2019/01/05 ショーツ型ナプキンが販売されました

ナプキンとショーツの一体化したはくナプキンが新商品として販売されています。
パンツ自体がナプキンなので寝た時も全方向から漏れを防止できます。

体にぴったり合う設計で寝返りをうっても大丈夫、布団が汚れる不安も一層されます。
また、通気性もよいので蒸れを気にする心配もありません。
1枚あたり100円以下という価格もお手頃です。

まとめ

女性にとって生理は何十年も付き合っていくものです。

しかし、毎月布団を汚してはダメという気持ちでストレスを抱えたまま過ごすことになりかねません。

血で汚れても、落とす方法もいろいろあります。
ぜひ試して、生理中にストレスをためないように工夫してみてください。

生理中の腹痛と下痢を緩和するには?吐き気もある時は?薬なら?
生理中の腰痛を緩和するには?マッサージやコルセットの活用について


SPONSORED LINK

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする