夏に食欲不振になる原因は?めまいがする時や食事の対策について

夏に食欲不振になる原因は?

夏は食欲不振が続いたりめまいがしたりと体調を崩すことが多くなります。

しかし、体調不良でも仕事や家事などいつも通りにやらなければなりません。

一日も早く元の元気な体へ戻したいと思っていませんか?

夏の食欲不振の原因やめまいがする時の予防方法や食事の対策についてまとめました。

SPONSORED LINK
  

夏に食欲不振になる原因は?

食欲不振になる一番の原因は夏バテなる原因につながります。です。

暑さで体温が上昇すると体内の水分も汗となって奪われます。
その時に水分だけではなく体に必要なミネラルもいっしょに排出され、ミネラル不足により体調に異常がおきます。

体調不良のひとつに胃の消化機能が低下して食欲不振につながります。

胃や腸の機能が低下すると栄養の吸収も悪くなり、身体に必要なビタミン、ミネラルなどの栄養素が不足し夏バての症状につながります。

その他には、冷たい飲み物やアルコールの飲みすぎが、胃を冷やしてしまい機能の低下をさらに招き食欲不振につながり、ひどくなると吐き気も伴います。

また夏は温度が上昇するので体内でのエネルギー代謝も活発に行われるように感じますが実は違います。

寒い冬は身体の温度を上げるために代謝がよくなりその分エネルギーを燃やす効率はよくなります。
食べた物も消化されやすいです。

しかし、夏は体は冷えていませんから冬に比べエネルギー代謝はずっと衰えます
その為お腹がすかないことからでも食欲不振につながります。

夏に食欲不振でめまいがするのは?

温度が高い場所とエアコンが効いた冷えた部屋との行き来によって体温を調整する神経が対応できなくなり、バランスを崩すため、めまいやたちくらみが起こります。

対策は温度差をなくすることです。
なるだけ冷房の温度は高めに設定するか除湿だけにするなど外気の温度との差をなくすことです。

室内の冷房温度は下げすぎない対策として食べ物でも体温を下げることができます。

人は汗をかいたら汗が蒸発するときに熱を奪い体の温度が下がります。
それを効果的にするには、カリウムを多く含む食品を摂ることです。

代表的なものとして、スイカや麦茶、夏野菜です。

SPONSORED LINK

カリウムを多く摂取すると、汗や尿などが出やすくなります。
食欲不振の時でもスイカや夏野菜は食べやすいですね。

しかし、度を越えるて食べると、胃の働きが低下してますます食欲不振になりかねません。
胃腸を冷やすことにもなるので、適量を食べるようにしてください。

また、服装の素材やデザインでも暑さ対策ができます。
汗吸収し、素早く蒸発させるような天然素材の下着やトップス、パンツなどを選ぶといいです。
クール素材の洋服も多数販売されているのでそういったものを着るとようにしましょう。

夏に食欲不振の時の食事対策

食べなければと、思うと余計に吐き気などがして食べたくなくなるものです。
栄養も大事ですが、自分の好きな物を食べるのも食欲不振を解決するひとつの方法です。

しかし、女性が好きな物としてはスナック菓子や甘いスイーツに目が行くことが多いですが、ダイエットのことを考えたら食べるのを我慢してしまいがちです。

まずは夏バテによる食欲不振や体調不良を解決することを考えましょう。

食欲不振を打開!好きな物を食べてもきなこが太りにくくする

お腹にスイーツやスナック菓子などの糖分や脂質が多く入ると血糖値が急上昇し、太る原因になります。

きなこに豊富に含まれる食物繊維は血糖値が急に上昇するのを抑える働きがあります

きなこの食べ方

朝にきなこを大さじ2杯食べます。

きなこは牛乳に混ぜたり、野菜ジュースや青汁の粉末に混ぜて飲むといいです。
飲みにくい場合には蜂蜜を混ぜると飲み安くなります。

さらにきなこの良いところは、数時間後の次の食事(昼食)の血糖値の上昇も抑えることができるのです。

きなこは大豆の中でも一番食物繊維を多く含みます。
大豆イソフラボン、レシチン、ビタミンE、天然ポリフェノールなど美容や抗酸化作用のある栄養素も豊富に含まれています。

スーパーなど、手軽に手に入る点もおすすめです。

夏バテで食欲不振時にきなこを朝食べておけば少々甘いものを食べてもそれほど体重が増えるなど気にすることもありません。
まずは好きな物を食べて体のリズムを整えることが夏の食欲不振を解消することにつながります。

また今話題の飲む点滴といわれる甘酒もおすすめです。
オリゴ糖や食物繊維も含まれ、整腸作用やリラックス効果も期待できます。

まとめ

最近の夏の暑さは異常ともいえます。
つい冷たい飲み物を沢山のんだり、エアコンがよく効いた部屋で眠ってしまったりしがちですが、夏の暑さは数か月続きます。

スタミナ切れにならないよう、食欲不振を予防して乗り切りたいものですね。


SPONSORED LINK

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする