夏に頭痛や吐き気の原因は?下痢をするのは?予防法について

暑いところで水も飲のまず、がまんしていると頭痛がしてきた。

めまいや吐き気も。。

夏に起こりやすい症状です。

さらにひどくなると嘔吐や下痢を伴うこともあります。

これらの原因や予防と対策についてまとめた記事です。

SPONSORED LINK
  

夏に頭痛や吐き気の原因は?

最近の夏の暑さは尋常ではありませんね。

頭痛や吐き気がするのは熱中症の症状です。

熱い場所で水分も取らずにいると汗により水分がどんどん蒸発してしまいます。
そのうち汗も出なくなってしまいます。

すると体温調節がうまくいかず、通常なら汗とともに熱を放出して一定の温度をキープできるのに、体の中に熱がこもってしまいます。

同時に水分やミネラル、塩分が不足することで体は変調をきたし頭痛や吐き気、めまいがします。

また暑いのに寒気がする場合もあります。
それは体温調節ができなくなっているからです。

熱中症でこういった症状がでたら我慢してもよくなることはありません。
一刻も早く涼しいところへ移動して水分の補給をする必要があります。

スポーツドリンクがいいです。

服の締め付け(ベルトなど)はゆるめて横になります。

また、ふくらはぎの下へ布団や枕を置いて頭より高い位置にします。

体温が上がると血管が広がり下肢へ停滞して脳へ届きにくくなるのを解消するためです。
それもめまいや吐き気の原因のひとつでもあります。

涼しいところ場所へ移動して横になったら体を冷やしましょう。
太い血管が通っているわきの下、首 太ももの付け根などをタオルや保冷剤で冷やすと効果的です。

夏に頭痛や吐き気以外に下痢もする理由は?

熱中症の症状で水だけを補給すると体から減ってしまった塩分やミネラルの濃度が薄くなるため、バランスを維持するために体は水分を排出しようとします。それが下痢です。

こういった時に飲むのは経口補水液がおすすめです。
経口補水液は塩分やミネラルを含んでいるのはもちろんですが、スポーツドリンクよりも体への吸収率が早いので回復度も違ってきます。

オーエスワンなどの経口補水液はマツモトキヨシなどのドラッグストアで売っています。

経口補水液は塩分濃度が高い為、こういった下痢な熱中症の症状の時以外で日常的に飲む場合には飲みすぎには気を付けてください。

夏の頭痛を伴う熱中症の予防と対策


SPONSORED LINK

熱中症予防で大事なことは、熱いのを我慢しないことです。
ある程度炎天下や熱い場所にいたら日陰や涼しい場所で体を冷やすことが大事です。

熱中症は自宅にいてもなりますからエアコンや扇風機は適度に使うことが必要です。

今は電気の自由化で安い電気料金の会社を選べる時代です。
電気料金を見直して契約しなおすのもいいかもしれません。
>>最適電気プラン診断サービス でんくまくん

もう一つ重要なことは水分の補給です。
水はこまめに吸水することが大事です。

また、水よりもスポーツドリンクがおすすめです。
またはミネラルが豊富な麦茶もいいですがノンカフェインかを確かめて飲むようにしましょう。

【例】ノンカフェインの麦茶
アサヒ飲料 十六茶、ダイドーおいしい麦茶など

なぜノンカフェインかというとカフェインは利尿作用があるからせっかく取った水分もすぐに排出してしますようでが意味がありませんね。緑茶もNGです。

また最近注目されてる甘酒が熱中症予防には効果的です。
発酵食品で体にいいのはもちろん、塩分やミネラルなどがバランスよく入っているからです。

厚生労働省の熱中症が対策のガイドラインには100mlの飲料にはナトリウム含有80~160㎎が推奨されています。

甘酒のナトリウム含有がちょうどこの値に該当します。
まさに飲む点滴ですね。血液の流れもよくなります。

飲みすぎると、糖分などの心配も出てきますが、一日一回は飲むとことで熱中症予防にもなります。

食べ物でもミネラルの補給ができます。
ミネラルの多い食品:海藻、きのこ類、納豆、ほうれん草、梅干し他

果物ではスイカです。ほとんどが水分ですが、その他はスポーツドリンクに劣らない栄養分が含まれています。
食べる時に塩を振ると塩分の補給もできます。

まとめ

熱中症はだれでもがなります。

ならないように予防するには絶対に熱いのを我慢しないことです。

そして水分の補給を頻繁にすることも大事です。

この2点を守って猛暑を乗り切りたいものです。


SPONSORED LINK

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする