夏風邪で熱が上がったり下がったりする理由は?お風呂やエアコンの利用は?

夏風邪で熱が上がったり下がったりする理由は?

夏風邪を引いたときに熱がでるのは季節柄しんどいですよね。
熱と同時に大汗もかくし、、

しかし熱が上がったり下がったりが続くと不安もでてきます。

その理由や夏風邪で熱があるときのお風呂、エアコンの利用していいのかについてまとめました。

SPONSORED LINK
  

夏風邪で熱が上がったり下がったりする理由は?

風邪はほとんどの場合、ウイルスが原因です。
熱がでるのはウイルスと戦う免疫機能が働いているからです。

そして熱が高くなると汗が出ます。
汗が蒸発するとき気化熱を奪って体温(熱)が下がるしくみです。

しかしウイルスによる炎症が収まらない時には汗をかいた後もまた発熱を繰り返します。
その為に熱が上がったり下がったりするのです。

病院へ行って薬も処方してもらってるのになぜと疑問もわきますが、薬は風邪の症状を緩和するだけのものです。
ウィルスと戦うのは自分自身の体なのです。

また、ウイルスは熱に弱いので熱が上がることで死滅させることができます。
熱が下がった後にまた熱がでるのはウイルスが完全に死滅せず残っている場合です。

夏風邪で熱があるときの風呂は?

夏風邪で熱がまだある場合でもお風呂は入ってもいいです。
しかし、熱が38度以上あるときは絶対やめておいてくださいね。

熱がでた後の体は気持ちが悪いものです。
熱が下がった時を見計らって、また自分の体力とも相談して入浴をされるといいです。

昔は熱があるときは風呂は絶対だめということをいわれていましたが、今は病院でもお風呂の温度は平熱ほどの湯加減(36度ほど)で入ってもいいといわれます。

しかし、髪の毛は濡れタオルで拭くぐらいにされておくといいです。
お風呂上りにドライヤーで完全に乾かさないとせっかく落ち着いた風邪も悪くなることもあります。
気持ちがわるいかもしれませんが、多少は辛抱しましょう。

注意点として長湯や湯冷めに気を付けてください。

また、お風呂に入らなくてもお湯で濡らしたタオルを絞って身体を拭く方法や、電子レンジで温めてホットタオルをつくって全身を拭くだけでもさっぱりしますよ。

この時も迅速にして後で寒気がおこらないように注意してくださいね。

しかし、お風呂に入ってもまだ体にウイルスが潜んでいる場合には熱がでることもあります。
そうかといって絶対にお風呂に入ってはだめということはありません。

また食事も体を冷やすものは避けましょう。

熱で汗をかいたということで身体を冷やす原因になる冷たい飲み物やアイスクリームなどはよくありません。

暖かい食べ物で消化吸収の良いものがおすすめです。

SPONSORED LINK

【体を温める食べ物の例】
雑炊、生姜入りのうどん、とろみにあるうどんやおかゆ、温野菜、スープなど
※コンビニのレトルトのおかゆなどでも代用できます。

生姜をいれることで体を温める効果がアップします。
生姜はチューブ入り生姜でも生の生姜と栄養成分はほとんど変わりませんから代用できます。

ビタミンCが豊富な食べ物
ピーマン、ブロッコリー、トマト、ほうれん草などの緑黄色野菜はビタミンCが多く、それ以外に感染症の予防効果もあり風邪の症状から回復するのをサポートします。

ビタミンCが多いくだもの
柑橘類、キウイ、いちご、グレープフルーツなど

夏風邪で熱があるときにエアコンは利用していいの?

夏は気温も高く室温も40度近くなることもありますよね。
また熱い部屋にこもっていると今度は熱中症で脱水症状を起こす心配もでてきます。

風邪をひいて熱があるのにエアコンはどうかと考えますが、脱水症状を起こさないためにもエアコンは必要です。
また、エアコンがないとますます身体がほてって体力の消耗も激しくなります。

昔はエアコンはつけない。できるだけ厚着をして汗をかいて治すという考えででしたが、いまは違います。
室温が高いのを我慢するのは体力が消耗するだけなので、快適に過ごせる温度(27度前後)で部屋を冷やすのがいいです。

冷やしすぎが心配なら除湿機能だけを使っても気持ちよく身体を休められます。

また冷えがまわらないようにいつもより多く肌着をつけてパジャマを着る工夫も大事です。
もし肌着が高熱の汗でぬれたらさっと着替えましょう。

高熱がでてもエアコンがきいた部屋なら汗もさらっとしていて身体が気持ち悪いということもありません。

風邪のストレスも少なくなります。

また、万が一の脱水症状をおこさないように水分の補充も必要です。
水分の補給にはポカリスエットやアクエリアスなどのスポーツドリンクがおすすめです。

スポーツドリンクは熱で汗をかくことで、以上に奪われた体の塩分や糖分を補えるし、他の飲み物よりも体へ吸収されやすいという長所があります。

しかし冷やして飲むのは身体の冷えにつながります。
常温もしくは温めて飲むといいです。

その他、風邪薬を飲んでいる場合には栄養ドリンクを飲むのはよくありません。
風邪を悪化させることもあります。
医者や薬剤師に相談の上、飲んでください。
   

夏風邪で3日を過ぎてもまだ、熱がでたり引いたりするときは病院に行かれることをお勧めします。
風邪以外の病気が潜んでいる場合もあります。

まとめ

夏だけでなく風邪で熱がでるのはきついです。
家族にも迷惑をかけるし、仕事にも支障がでます。
なるだけ風邪をひかないように日ごろから栄養があるものを食べて風邪に打ち勝つ体力をつけておきましょう。

夏風邪で喉の痛みの治し方は?赤いブツブツや吐き気がする時の対処法は?


SPONSORED LINK

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする