爪が緑色に変色した原因は?うつる?治療の方法は?

爪が緑色に変色した原因は?

ジェルネイルを外したら青あざみたいに爪が緑色に変していることがあります。

痛みはないですが、何が原因なのかや、もしかしてうつる?

変色した爪の治療の方法についてもまとめました。

SPONSORED LINK
  

爪が緑色に変色した原因は?

緑色に変色した原因はジェルネイルなどの付け爪の一部が爪から浮いたり剥がれたりして隙間ができたのをそのまま放置したことで、そこに水が入り込んで細菌が繁殖した為です。

細菌はカンジダ菌という真菌(カビ)です。
爪にうつって爪カンジダ症になり、さらに緑膿菌(りょくのうきん)が二次感染した為に爪が緑色に変色してしまったのです。

爪が緑色になることからグリーンネイルとも呼ばれます。

グリーンネイルは痛みはありませんから、知らない間に緑膿菌が繁殖してグリーンネイルになってしまったという人が多いです。

ジェルネイルをオフして付け替えのタイミングは3週間程度です。
それを怠って長期間放置することで隙間ができたりします。

その他の要因としてグリーンネイルになるのは自分でつけ爪やネイルをした時の中間作業の手抜きにもあるようです。

付け爪は自分の爪へ密着させる為に爪全体 を削るサンディングが必要ですが、爪がもともと薄い人はサンディングのやり過ぎもよくありません。

通常グリーンネイルには痛みはありませんが、爪が薄くなっている場合には痛みを伴うこともあります。
また最悪剥がれることもあります。

セルフジェルをする場合にはサンディングが不要で密着度も高いトップジェルを使っていたら爪は緑色に変色するグリーンネイルにはならなかったかもしれません。

緑膿菌は他の爪にうつる?

爪に繁殖した緑膿菌ですが、カビだけにうつって広がるのが心配です。

家族の食事の用意もあるし、タオルなども別に使ったほうがいいのかと気になります。

グリーンネイルは自分の他の指や家族や人にはうつりません
タオルを共有してもOKです。

ネイルサロンでもし、グリーンネイルになった人がお客さんにいて同じ器具を使ったとしてもうつることはありません。

カンジダ菌が繁殖したのはつけ爪と自分の爪の間の隙間で高温多湿だったからです。

サロンの器具も乾燥した状態にある為菌は繁殖しません。

爪が緑色に変色する緑膿菌の治療の方法は


SPONSORED LINK

爪の緑色に変色した部分が伸びてなくなるまでつけ爪やマニュキュアはやめます。

グリーンネイルになった爪は短く切り、乾燥させることで除菌につながります。

少しだけ緑色が残っている場合でもそこを削ってジェルを塗るなんてことはやめてください。
爪がますます薄く弱くなって再発するとひどくなります。

また心配なようでしたら緑膿菌に効果がある市販薬は販売されていない為、病院の皮膚科を受診されて薬をもらってください。
抗生物質を処方される場合が多いです。

この緑膿菌については町医者ではあまり知名度がないようです。
総合病院などの皮膚科を受診されるほうが1回で適格な診断と薬を処方してもらえます。

ジェルネイルや付け爪ができるタイミングは緑色に変色した部分がすべてなくなった時です。
爪がのびる速度は1日0.1mm程度ですから数か月はできませんが、ここはじっと我慢して完治させてくださいね。

完治後にジェルネイルをしたら水仕事をする時は爪に水が入り込まないようにゴム手袋を着用すると緑膿菌やグリーンネイルの予防になります。

お風呂も万が一に備えて、使い捨てのビニール手袋をはめて入るといいですよ。

まとめ

ジェルネイルや付け爪は当たり前のおしゃれになっています。

しかし、仕事や家事が忙しかったりするとやり替えができないことも多くつい長く放置してしまいがちですが、雑菌予防という意味でも定期的に取り換えることが緑色に変色しないための条件です。

爪は服で隠すわけにはいきませんからいつもきれいにネイルした爪でいられるよう日頃から気を付けましょう。


SPONSORED LINK

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする