土用の日の意味は?2017年はいつ?梅干しやうなぎを食べる理由は?

土用の日の意味は?

日本古来から伝わる土用の日、その意味を知ってる人は以外に少ないです。

土用の日の意味や今年はいつになるか、また梅干しやうなぎを食べる理由についてもまとめています。

SPONSORED LINK
  

土用の日の意味は?

土用(どよう)とは、中国に古くからある五行説から生まれた思想です。
すべては、木、火、土、金、水の5つからなるという五行思想に由来しています。

四季を五行に例えたら
春=(木)木が生い茂る新緑の季節
夏=(火)火のように熱い季節
秋=(金)金属のように次第に冷えていく季節
冬=(水)冷えきった水の季節

四季は4つしかない為、五行説で土が余ります。

土はすべての季節に均等に存在するという考えから、春、夏、秋、冬の年4回の節目が土用の日と定められています。

具体的な日にちとして、立夏、立秋、立冬、立春の前18、19日間のことを指します。
土用の明けは、次の季節の始まる前日となります。

土用の期間の言い伝え

土用の期間は土の神である土公神(どくじん)が支配する時期とされています。
その為、土を動かしたり、井戸を掘ったりの作業は神の怒りを誘う行為で禍を受けるという習慣が根付いています。

現代も、土いじりや土を掘り起こしたり、建築の基礎工事など避けることが多いです。

しかし、18日間も続く土用の日でもその間に、土の神(土公神)が地上を離れる「間日(まび)」という日があってその時は、土いじりをしてもよいとされています。

土用の日 2017年はいつ?2018年以降は?

土用の最初の日を土用の入り、最終日を土用明けと呼びます。
土用の期間と間日(土いじりをしていい日)をまとめました。

2017年(平成29年)の土用の日
 期間            間日(まび)
冬 01/17 ~ 02/03   01/17、27、28、30
春 04 /17 ~05/04   04/24、25、28
夏 07 /19 ~08/06   07/20、27、28、08/01
秋 10/ 20 ~11/06   10/23、25、27、11/04、06

SPONSORED LINK

2018年(平成30年)の土用の日
 期間            間日(まび)
冬 01/17 ~ 02/03   01/22、23、25、02/03
春 04/17 ~ 05/04   04/19、20、23、05/01、02
夏 07/20 ~ 08/06   07/22、23、27、08/03、04
秋 10/20 ~ 11/06   10/20、22、30、11/01、03

2019年(平成31年)の土用の日
 期間            間日(まび)
冬 01/17 ~ 02/03   01/17、18、20、29、30、02/01
春 04/17 ~ 05/05   04/18、26、27、30
夏 07/20 ~ 08/06   07/22、29、30、08/03
秋 10/21 ~ 11/07   10/25、27、29、11/06

土用の日に梅干しやうなぎを食べる理由は?

一年のうち4回均等にある土用の日も現代では主に夏の土用を指すことが多いです。

昔から土用に「う」のつく食べ物を食べると病気にならないという言い伝えがあります。

うのつく食べ物には梅干し、うどん、瓜(きゅうり、すいか、かぼちゃ他))、牛、ウニ等があります。

土用に梅干しを食べるのは、こういった意味から夏バテを防止にもなるということです。

その他には土用鍋(うなぎ鍋、どじょう鍋など)や土用餅(お餅を餡子で包んだもの)、土用卵(どように産み落とされた卵)などを食べると病気にならないという言い伝えも現代に生きています。

土用の丑の日にうなぎを食べる理由

土用の丑の日にはうなぎを食べるのが有名ですが、うなぎを絶対に食べなければならにということもないようです。

土用の丑の日にうなぎを食べる習慣ができたのは、江戸時代からです。

夏にうなぎが売れないと、うなぎ屋さんが嘆いたことから学者の平賀源内が「本日、土用丑の日」とうなぎ屋の店先に張り紙をしたそうです。
これが事の発端で、以後うなぎを食べる習慣が根付き今に伝わっています。

丑の日という意味は十二支の「丑」です。
土用の期間内の丑の日を指しますので毎年変わります。

2017年の土用の丑の日⇒7月25日、8月6日
2018年⇒7月20日、8月1日
2019年⇒7月27日

※2回あるのは土用の18日間に十二支の「丑」が2回めぐる年もあるからです。

まとめ

土用といえば夏、うなぎというメージが頭をよぎりますが、四季を通じてあったことは知りませんでした。

しかし、四季を通じて季節の移り変わりにあたります

夏だけでなく土用には「う」のつくものを食べて病気封じをしたいものです。


SPONSORED LINK

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする