浴衣の汗対策 背中、襟、帯は?かかない小技と手入れ方法

浴衣の汗対策 背中、襟、帯は?

花火大会には浴衣を着て行きたいけど汗が心配・・と悩んでいませんか?

浴衣は洋服より風通しも悪いし、汗をかきやすいです。
それに着慣れてないから余計に汗をかいた後のことを考えると憂鬱ですよね。

浴衣を着た時の背中、襟、帯の汗対策や、汗をかかない小技、着た後の手入れ方法についてまとめました。

SPONSORED LINK

浴衣の汗対策 背中、襟、帯

特に背中や襟、帯の下は汗をかきやすいです。
それぞれの箇所ごとの汗対策です。

浴衣の汗対策 背中は?

浴衣でも下着は着用しましょう。
汗を吸い取るだけでなく浴衣からブラジャーやパンティが透けて見えるのを防いでくれます。

背中の汗対策には和装用の肌着が便利です。
上下つながったものや上半身の肌着なら、下は和装の女性用レース付きすててこもあります。

汗をかいた背中や足が浴衣にまとわりつくのを防げます。

肌着の素材は汗の吸水性がよい綿、シルクなどの天然素材を選ぶといいです。
化繊は蒸れて身体にべたっと引っ付くし、よけいに熱いです。

また浴衣は夏に数回しか着ないので専用の肌着を買うのはもったいないと思われたら、代用として衿が大きく開いたシャツやキャミソール、下は膝丈ほどのペチコートでもいいです。

ユニクロなどから販売されてる汗の吸水性がよい下着もおすすめです。

浴衣の汗対策 襟は?

浴衣につける襟もあります。
レース付きやどっと柄などかわいいデザインのものが多いです。

汗をかいても襟だけをほどいてすぐに洗えて便利です。

その他、半襟付きの浴衣スリップがあります。
これなら背中の汗対策も同時にできます。

綿素材のクレープなので汗をかいても吸汗性だけでなく速乾性にもすぐれていて涼しいです。

また、着付けの段階で襟を抜くと風が当たる範囲が広くなるので多少は涼しいです。

浴衣の汗対策 帯は?

腰周りに薄いタオルを1枚巻きましょう。

タオルを巻くことで体形を丸太みたいに凹凸をなくし、帯を締めた時にできるウエストの周囲の小じわが防げます。

また、着崩れも防止できます。
汗が帯につく前にタオルが吸い取ってくれるので、帯に汗ジミもつかないからお手入れが楽です。

浴衣で汗をかかない裏技

浴衣に着替えるときに肌着へ冷感スプレーを吹きかけておくと着た時のひんやり感が違います。
くれぐれも浴衣にかからないように注意してくださいね。

汗を出なくする制汗剤が人気です。
汗がでなくなったら体に悪いんじゃないかと心配ですが、出なくした汗は尿として排出されます。
出る場所が変わるだけです。

オドレミストはボトルタイプで塗りにくい背中にもシュッと吹きかけるだけの手軽さが受けています。
クリームのように付けた後にべた付くこともありません。

夕方から始まる花火大会でも日傘は持参しましょう。
出かけるときは西日がまだまだ暑いです。

日陰を作って、汗をおさえましょう。

また、うちわや扇子は必須です。
熱くなったらすぐにあおげば涼しく感じます。

また、首にかける携帯型扇風機も通販で1,000円前後で売られています。
これなら込み合った道路や電車の中で扇子やうちわが使えなくても風を当てることができます。

手のひらサイズなのでカゴバックにいれてもかさばらないし、必要な時だけ首にかけて使えます。

保冷剤を持参して体に当てて汗を止めるというやり方ですが、ケーキ屋さんでくれるような保冷剤はあっという間に元の温度に戻って使い勝手はよくありません。

冷却シートのほうがおすすめです。

トイレなどへ行くたびにハンカチを濡らしておいて頻繁に汗を拭き取るようにするのもおすすめです。
汗を拭く場所も脇の下、首などを太い血管の通る場所を冷やしてくださいね。

また、絶対に浴衣を着て汗をかかないってことはありません。
汗をかいても目立ちにくい色の浴衣を選ぶと見た目の安心度も違ってきます。

淡い色、白、グレー、水色などの浴衣の色だと汗ジミが目立ちます。
黒、、紺色などの濃い色のほうが汗じみが目立ちにくいです。

浴衣の素材はポリエステルなどの化学繊維や綿素材があります。

汗をかいた後のお手入れが簡単なのはポリエステルですが、汗を吸う力に劣ります。
蒸れて熱いです。
やっぱり天然素材の綿や麻混のほうが汗を吸収してくれて快適です。


SPONSORED LINK

浴衣を着たあとの汗の手入れ方法

浴衣は洗える素材が多いですが、色落ちや型崩れの心配もあります。

ワンシーズンに1回を限度に洗うようにして、シーズン中は着た後はハンガーにかけて、汗をかいた部分には霧吹きを使って水をかけておきます。

風通しの良いところに一晩干しておきましょう。

シワになった部分はアイロンでシワを伸ばします。

浴衣についた汗の臭いが気になる場合んは「リセッシュ除菌EX」がおすすめです。
浴衣をハンガーにかけた状態で全体にスプレーします。

風通しの良いところでしっかりと湿気をなくすことがポイントです。
シーズンオフに浴衣を洗濯するまでの臭い対策ができます。

まとめ

着物に疎遠になっていますが、気軽に着れる浴衣は花火大会や夏のイベントにはぜひ着たいですね。

汗の対策もしっかりとできていればOKです。

日本の夏の夜を浴衣で楽しみましょう。

浴衣の帯は家で洗濯できる?子供や男性用は?しまい方の注意点は?
浴衣のバッグに入れる中身は?代用するなら?入らない!大きめが必要な時は


SPONSORED LINK

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする