汗で顔がかゆい原因は?赤みがあるのは?トラブル解消で美肌を維持するには?

汗で顔がかゆい原因は?

夏は全身から汗がでて嫌な季節です。

特に、汗をかいた後の顔がかゆいことってありませんか?

ピリピリと痛痒い時があったり、また、赤みもあったり、、

その原因や汗によるトラブルを解消して美肌をキープするコツについてまとめました。

SPONSORED LINK
  

汗で顔がかゆい原因は?

汗で顔がかゆいのは肌を保護するバリア機能が乱れているのが原因です。

その理由は汗の成分にあります。
汗の成分に塩化ナトリウム(塩分)やミネラル、尿素他の成分が老廃物として混ざっています。

汗のほとんどは水分なので汗をかいた後、放っておくと蒸発します。
でも老廃物や塩分は蒸発せず顔に残ったままなんです。

それら汗の残骸が肌のバリアが乱れているところから直接肌内部へ触れることで炎症を起こし、かゆくなったりピリピリと痛みをともなったりするのです。

バリア機能を正常に戻すことでかゆみはなくなります。

汗の拭きとり方にも問題あり
ハンカチやタオルで汗を軽く押さえるように拭き取ればいいところをこすったり強く押さえて拭いたりすることで、皮膚に傷がついたことも原因にあります。

日焼による痛み
日焼けによる肌の炎症に汗が染みて痒くなることもあります。

夏の紫外線が強い季節はちょっとの時間でも油断していたら、日焼けを起こしてしまいます。

夏は室内へいても紫外線は窓越しに肌へ侵入します。日焼け止め対策は必須です。

汗で顔に赤みがあるのは?

汗の影響で赤みがある人は敏感肌の人に多いです。

肌がかゆいからといってこすったり、ポンポンと肌の上を押さえたりすることで余計に肌は刺激を感じてしまいます。

健康な人の肌は弱酸性ですが、アトピーや敏感肌の人の肌はアルカリ性の場合があります。

アルカリ性の肌は雑菌などに対して弱いため、汗による老廃物が顔へ付着することで炎症を起こして肌に赤みがでます。

顔に赤みがあるのは恥ずかしいですよね。

肌にムラができるし、ファンデーションを厚塗りしてもまた汗をかくとかゆい、掻くと赤みがでる。
負のスパイラス現象が起こって放っておくとだんだんひどくなります。

こられのトラブルを解消するには汗をかいても痒みがない美肌へ改善することです。

顔の汗トラブルを解消して美肌を維持するには?

バリア機能を正常にして美肌をキープしましょう。

毎日のお手入れ

顔はこする洗顔はやめましょう。
洗顔フォームや石鹸をよく泡立て、泡で顔を包むように洗います。

SPONSORED LINK

スキンケアには保湿効果の高いものを利用しましょう。

夏は汗をかくため肌が潤ってると勘違いしがちです。
化粧水をたっぷりつけて肌を保湿してください。

化粧水は夏場は冷蔵庫で冷やしておくとつけた瞬間もひんやりして気持ちがいいです。
化粧水はコットンではなく、手に取って広げ、顔全体にあてて保湿します。

肌のバリア機能を回復させるにはセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンなど肌が本来持っている保湿成分が含まれたものを使うと効果的です。

おすすめは、角質層の細胞間の潤いであるセラミドを補充する化粧品の小林製薬のヒフミド化粧水です。

人型セラミドを使うため人の細胞に違いので浸透性もちがいます。
潤いを保つことでバリア機能を回復しやすい環境にします。

べた付きもさほどないので夏でも使いやすいです。
格安のお試しセットもあります。

>>ヒフミドトライアルセット

たっぷりと水分を補給した後は、美容液、水分が蒸発しないように乳液かクリームで蓋をしておきます。

顔そり

顔に産毛があると素肌とファンデーションの間に隙間ができて汗もたまりやすいしかゆみも出やすいです。
またファンデーションも浮きやすくなります。

しかし、カミソリを使うと肌を削っていることになり、削ることでバリア機能も剥がしていることになります。

顔そりは月に一度程度にしてやりすぎにはくれぐれも注意しましょう。

また、カミソリは古いものは使わずなるだけ新しいものを使ってください。
肌への傷つき具合がちがいます。

カミソリを使う前にはシェービングクリームがあれがいいのですが、なければ乳液やクリームを塗って顔の上をカミソリが滑りやすい状態で使いましょう。

肌に傷がつく状態も違います。
顔を剃った後も保湿やスキンケアはしっかりしてくださいね。

日中の化粧直し

汗の拭き取りにはハンカチやタオルは水で濡らしてるものを使うといいです。
そのほうが顔をこすらなくていいし、痒みや赤みの原因の汗の成分の水分以外の老廃物も一緒に取れます。

また、顔用の汗ふきシートをつかって拭き取るの方法もおすすめです。

顔には日中も化粧水スプレーなどを使い水分の補給は頻繁にしましょう。

まとめ

夏は汗のトラブルが絶えませんが、顔だけは避けたいものです。

汗だけでなく紫外線対策も必要になってきますからね。

トラブルもなく美肌でいられるように日ごろからの充分な保湿を徹底したいものです。

汗のメイク崩れ対策 下地は?ファンデーションの塗り方や毛穴が目立たないコツは?
紫外線アレルギーで顔がかゆい原因は?対策は?化粧品でおすすめは?
肘の内側がかゆい原因は?赤い湿疹ができるのは?市販薬なら?
サラフェプラスは効果ないって本当?口コミで判明した真相とは


SPONSORED LINK

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする