結婚式のドレス お呼ばれのマナーは?電車で行く時、夜の二次会の服装の提案

結婚式のドレス お呼ばれのマナーは?

結婚式のシーズンですね。

友達の結婚式にお呼ばれしたら、まずドレス選びから始めないといけませんね。

ドレスのマナーや電車で乗り継いで会場入りする場合のドレスの着替え方や、夜の二次会の服装についてまとめました。

SPONSORED LINK

結婚式のドレス お呼ばれのマナーは?、色や素材は?

お呼ばれのドレスの色のマナーは単色無地となります。

しかし、白は花嫁の特権の色なので花嫁と被る白や淡い色は避けることが原則です。

柄ものはカジュアルすぎるのでNGです。
式場で目だってしまいます。

単色でもできれば黒は若いうちは避けたほうがいいです。
というのも男性は全員が黒の礼服、女性でも親族は黒の留めそでなどで黒が多くなりがちです。
結婚式に花を添える意味でも黒以外の色でドレスを選ばれることをおすすめします。

もし黒を選ぶ場合にシフォンの透け感のある生地を胸元にもってきたり、ボレロは違う色にする。バッグはビジューなどで飾られたものにするなどして地味にならないように気を付けましょう。

素材はシルク、または、シルクのような光沢があるポリエステルなどの化学繊維がおすすめです。

シルクはシワになりやすいですが、ポリエステルの素材はしわになりにくい長所があります。

上にコートなどを羽織っていくと、新幹線など長時間の移動でもシワを気にすることもありません。

また、スカート丈ですが、膝丈が基本です。ロング丈は花嫁のお色直しのドレスと被るから好ましくありません。

お呼ばれのドレスの色が単色のためデザインにドレープやフリル、ギャザーなどが入ったものを選べば、素材の光沢が生かされ華やかさが増します。

また、肩を出すことはNGですから羽織ものは必須です。

単色で味気ないですがその分髪型やメイク、靴やパーティーバッグで華やかさを出してくださいね。
バッグと靴の色を合わせると統一感もでます。

アクセサリーはシンプルでも気品があるパールがおすすめです。

でも、結婚式のお呼ばれもそうあるものではありません。

それに今は素敵に思えるドレスも数年たったら体系が変わって着れなかったり、デザインが、ダサい、地味など思うこともよくあります。

その点、レンタルのパーティードレスなら出席する度に違うドレスが着れます。

元ミスジャパンのオーナーが自ら選んだドレスをレンタルしているおしゃれコンシャスがおすすめです。

レンタル料もお手頃だし借りた人のレビューもあって参考になり、失敗することもありません。

着物なら
万が一着物をもっている場合は振袖または訪問着で出席できます。

どちらかというと振袖のほうが華やかさがあるのでおすすめです。
訪問着は老けて見えたり、既婚者と勘違いされる可能性もがあります。

お太鼓の結び方をふくら雀などの変わり結びにすることで若々しさを出してください。
またお太鼓よりふくら雀のほうが長時間の披露宴の席で椅子のもたれても崩れる心配がないので安心ですよ。

SPONSORED LINK

※ひょっとしてここで運命の出会いがあるかも!そういったチャンスを逃さないためにも若々しさが出せる代わり結びにされて若さを強調なさってくださいね。

ドレスより着物のほうが格式があるし、見た目も華やかにみえます。
着付けが大変ですが、新郎新婦の親御さんにはこちらのほうが喜ばれることのほうが多いようです。

結婚式のお呼ばれのドレス 電車で会場入りする時

結婚式場まで新幹線などを乗り継いで2時間ほどかかる場合はドレスを着ていく場合には上にコートやジャケットを羽織っていくといいです。

しかし、窮屈なので式場で着替えることもできます。
その場合には結婚式場までの服装はラフな服装でかまいません。

たとえ結婚式へ同席する人に会ったとしても、会場でフォーマルドレスに着替えていればそれは問題ないです。

式場での着替えについて

最低でも式が始まる1時間前には到着できるように電車の時刻表をチェックしておきましょう。

着替えはホテルの更衣室等で行います。
当日、結婚式が重なったりするとかなり混雑することも予想されます。

また婚家専用の着替えの部屋を用意してあることもあるようですが、詳細は結婚式開催のホテルや式場へ問い合わせて確認をしておけばまず間違いありません。

くれぐれも遅れることのないようにだけ時間配分をして出かけましょう。

着物の着付けをしてもらう場合には式の日が決定したら急いで予約をしておきましょう。
着付けの予約が集中したときにはとんでもない早い時間へ会場入りしなければならないこともあります。
または前日から会場周辺へ泊ることにもなりかねません。

クロークに着替え一式を預ける

着替えを入れたバッグやキャリーケースはクロークへ預けます。

その場合にはバッグの口が閉じるものを使いましょう。
何が入っているか丸見えの状態で預けるのはよくありません。

結婚式のお呼ばれのドレス 夜の二次会での服装

昼間の結婚式や披露宴は肌の露出が少ない控えめなフォーマルドレスが基本のマナーになります。

しかし夜は肌の露出もかなり大胆でもマナー違反になりません。
胸元や背中の開きが広いデザインや肩がでるノースリーブも夜会用のフォーマルドレスとしてOKです。

夜に二次会があるときには普段でも着れるようなカジュアルドレスでも許容範囲になります。

また、遠方から電車で出向いて昼の結婚式、夜の二次会とドレスが同じ場合でも、昼間着ていたはボレロや上着は脱いでイメチェンをすればいいです。

アクセサリーは昼は控えめなものから夜はキラキラした派手なものに付け替えるといいです。
ラインストーンやビーズなどもキラキラが会場の照明に映えるものを選ぶといいですよ。

ストッキングもラメ入りやレースのワンポイントなどの派手なものへ履き替えるだけで印象がガラッと変わります。

まとめ

結婚式のお呼ばれはとってもうれしいけど着ていくドレスにマナーがあって、気を付けないとだめなことも多いです。

しかし、結婚式会場は新郎新婦の親戚など年配の人が多い中、新婦と同年代の友達がドレスで、華を添えてあげることでもとても華やぎます。

美容院で髪をアップにしてもらう機会もあまりないでしょうからたまには違う自分発見でフォーマルドレスでおしゃれを楽しまれてください。

写真もたくさん撮っておくと次回の結婚式のお呼ばれ時の参考にもなるし、良い記念になりますよ。

結婚式に招待された時の持ち物は?新郎新婦への挨拶やタブー事項


SPONSORED LINK

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする