喪中に届いた暑中見舞いの返事は必要?書き方マナーや自分が出す場合

喪中に届いた暑中見舞いの返事は必要?

身内の不幸は突然にやってくるものです。

喪中を知らせてない知人から暑中見舞いが届きましたが、返事は書くものでしょうか?

書き方に何か決まりがあるのでしょうか?

こういった場合のマナー違反とならない返事の書き方や例文、また喪中の相手に自分が出す場合の書き方、例文も紹介します。

SPONSORED LINK

喪中に届いた暑中見舞いの返事は必要?

暑中見舞いは年賀状とは違って新年を祝う目的ではなくお見舞いの便りです。

その為、喪中であっても届いた暑中見舞いに返事は出すのが一般的なマナーです。

また、喪中の自分から暑中見舞いを出すのも差しさわりはありません。

暑中見舞いの返事は、通常ならできるだけ早く出すことが大切といわれていますが、喪中の場合には亡くなってすぐに返事を出すのは、喪中と知らない相手でも、万が一分かった時にはあまり良い気がしないものです。

また、喪中の家は何かと慌ただしい日々が続く為、四十九日を過ぎてから返事を出す方法があります。

暑中見舞いを出す期間は7月7日から立秋の8月7日の前日までです。
その時期を過ぎたら、残暑見舞いとして返事を書くと良いです。

それでは残暑見舞いはいつまでかというと、いつまでという正確な時期は定まっていません。

秋を迎えても暑さが残る、あるいは長引く場合は残暑とされます。

最近は9月に入っても暑い日が続いていますので残暑見舞いとして返事を出せます。

暑中見舞い「喪中」の返事の書き方と例文

暑中見舞いの返事に使用するはがきの絵柄は派手なものは控えましょう。

文面には以下の内容を入れるとよいです。

●暑中(残暑)お見舞いなどの挨拶の言葉
●頂いた暑中見舞いへのお礼
●逝去を伝える(伝える必要がない場合は不要)
●返事が遅れたことへのお詫び
●相手を気遣う言葉
●日付

故人宛に届いた暑中見舞いの返事の書き方

【例文1】

残暑(暑中)お見舞い申し上げます。

先日は、母○〇へ暑中見舞いをいただきありがとうございました。

息子の○〇と申します。

母○〇は先月(○月○日)に病気の為永眠いたしました。

○〇様へお知らせが遅れましたこと、心より深くお詫び申し上げます。

ここに生前母が賜りました厚誼に深謝いたします。

しばらくは厳しい暑さが続きますが、ご家族の皆様くれぐれもご自愛ください。

○年○月○日


SPONSORED LINK

【例文2】

残暑(暑中)お見舞い申し上げます。

暑中見舞いをいただきありがとうございました。

母○〇は去る○月○日に永眠いたしました。

連絡が行き届かず申し訳ございません。

故人に代わりまして生前のご厚情に深く感謝申し上げます。

酷暑の折から、体調にはくれぐれもお気をつけくださいませ。

○年○月○日

家族宛てに届いた暑中見舞いの返事の書き方

それほど親しい人ではなく、故人との接点がない場合には無理に亡くなったことを知らせる必要はありません。
例年通りの残暑見舞い(暑中見舞い)でよいです。

また、49日を過ぎてから返事を書いても問題ありません。

相手に知らせたい場合

【例文】

残暑(暑中)お見舞い申し上げます。

先日は暑中見舞いをいただきましてありがとうございました。

かねてから病気療養中の母が○月○日に永眠しました。
お知らせが遅れましたこと、申し訳ございません。

また、生前の母が賜りましたご厚情に深く感謝申し上げます。

暑さ厳しき折、くれぐれもご自愛ください。

○年○月○日

暑中見舞いを喪中の人に自分が出す場合の例文

反対に喪中と分かっている相手へ暑中見舞いを出す場合もいつも通りに出されて差しさわりありません。

マナーとして決まっているわけではありませんが、心情的に49日を過ぎて出されるのが良いでしょう。

暑中見舞いの期間が過ぎたら残暑見舞いとして出されたら良いです。

また、相手先への気遣いの言葉も一言文面へ足しておきましょう。

【例文】

暑中(残暑)お見舞い申し上げます

○○様が永眠なされ、ご家族の皆様お辛い日々をお過ごしのこととお察しいたします。

厳しい暑さが続きますが、どうぞお疲れがでませんよう、体調にお気をつけてお過ごしください。

○年○月○日

こちらもはがきの絵柄は派手なものは控えましょう。

まとめ

喪中の暑中見舞いなど考えてもなかったことが起こることがあります。

そういった場面に出くわしてもマナー上、失礼のない付き合いをしたいものですよね。

暑中見舞いだけでなく、寒中見舞いも同様の扱いなので覚えておくとよいですね。


SPONSORED LINK

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする