お中元のビールやハムのいらないものの処分の仕方や断り方は?

お中元のビールやハムいらない

お中元にいただいた物は、有難く受け取りたいですが、人によってはいらないものもあります。

お中元の定番となったビールやハムなどダブっていただくと本当に処分に困る場合もあります。
お酒を飲まない家ならなおさらですよね。

そんなお中元に贈られたビールやハム類などいらないものの処分の仕方や今後の断り方についてまとめてあります。

SPONSORED LINK

お中元でビールはいらない、処分の仕方は?

ビールの買い取りサービス

ビールの買い取りサービスをしている業者もあります。
実店舗では1本から買い取りをしてくれるようですが地元へあるかはネットで検索してみるとよいです。
まとまった数があれば宅配便での買い取りもあります。

料理に使う

ビールを肉料理に使うと肉が柔らかくなります。
牛肉、豚肉、鶏肉(手羽)などの料理にも使えます。

すき焼きにも加える人もいます。
また揚げ物に使うとふっくらします。

掃除に使う

コンロの掃除液として使えます。
ふきんにビールをしみ込ませて汚れをふき取り、その後水拭きをしておくだけでよいです。

ナメクジ退治

お庭がある家で、ナメクジ被害があればペットボトルへビールを少量入れておいておけばビールでナメクジ駆除をすることもできます。

お中元の使いまわし

のしだけ替えて使いまわしをする人もいます。

ビールは簡易包装が多く外のしの場合が多いです。
外のしには、のしを取り換えて使い回しし易いという意味もあるようです。


SPONSORED LINK

お中元でハム類はいらない、処分の仕方は?

生ものは本当に処分に困りますね。

万が一のしを外して付け替えて使いまわしを考える場合も、賞味期限だけは確認をしておかないとだめです。
お使いものにした相手様にいやな思いをさせることもあります。

またハムは生ものだけにビールのようにリサイクルショップでは引き取ってもらえません。

やっぱり家で使うしか方法がありません。

冷凍して保管をする

お正月など、家族がそろったときに使う方法があります。
解凍の仕方も簡単ですし、不意の来客時にも一品料理として間に合います。

料理を工夫する

ハムは真空パックに入っているのを生でそのままカットして食べるだけでは味に飽きてしまいます。

ハムカツにしたり刻んでチャーハンに入れたりもできます。
ベーコンの代わりに野菜スープやポトフへ入れる方法もあります。

変わり種としては肉じゃがに使うこともできます。

ハムを使った料理のレシピはこちらにたくさん掲載されています。
>>ハム料理の一覧(楽天レシピ )

またハムは、チーズフォンデュの具材にしてもおいしいです。
プチトマトやブロッコリーなど野菜とハム、エビやキノコ類などをいっしょにいただくとハムだけを食べるわけではないので美味しく頂けますよ。

チーズフォンデュはレンジで温めるだけですぐ使える冷蔵食品として販売されています。
すぐできるし手軽でおいしいですよ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フロマルプ チーズフォンデュ 400g(2〜3人分)(単品) スイス産
価格:1360円(税込、送料別) (2018/3/20時点)

お中元がいらいないことを伝えるお礼状で角が立たない断り方

お中元を贈られてきたらまず礼状を書きますよね。

ほとんどの場合には、

上等なものをいただきありがとうございました。
家族一同美味しく頂きました。

みたいな文章を入れます。

そうすると先方はこの人はビール、またはハム類を喜んでくれてるから毎年これをお中元に使おうということになります。

お中元を贈る側もいちいち今年は何にしようと考えるのは面倒で、喜んでくれてるならその品を一年に一度の感謝の挨拶として、という結果になります。

お中元を最後にしたい場合には、お礼状にお断りの言葉を足したらよいです。

【例文】

暑さ厳しき折、皆様お変わりございませんか。

この度はいつも変わらぬお心遣いをいただき誠にありがとうございました。

無沙汰しておりますのに申し訳なく存じております。

しかしながら、今現在は子供も独立し夫婦2人となり食べきれない(飲みきれない)こともございます。

当方の勝手で大変心苦しいのですが、今後はこのようなお気遣いは不要でございますので、なにとぞよろしくお願い申し上げます。

暫くは暑い日が続きますが、皆様どうぞご自愛くださいません。

敬具

このような理由を書いてやんわりとお断りをすれば角も立たずに済ませられます。

結構です。」「お断りします。」などの言葉はきつく取れるので控えたいですね。

お中元のお返しは?

お中元は感謝の気持ちを伝える習わしなのでお返しはしてもしなくてもよいです。

本来はお礼状だけでもよいですが、やっぱりもらったものにはお返しをという気持ちもあり同等の品をお返していたと思います。

でも今回限りでお断りをしたいのであればお礼状だけでよいような気がします。

万が一、お返しを贈って先方が礼状を見たとしてもやっぱり続けたほうがよいのかな。と思われたらまた延々と続きます。

そうかと言って「今後不要」の暗黙のルールで、もらったお中元より高価なものをお返しする方法もありますが、嫌味にとられかねません。

会う機会がある方なら旅行などへ行った時に名物のお土産を買ってきてお渡しするのもよいのではないでしょうか。

あとがき

お中元は相手に感謝の意をこめて喜んで頂けるものを贈っているつもりです。

しかし、もらった方としては処分に困ることもあります。

私の父が仕事関係の人に毎年お中元に地元名産の桃を贈っていました。

しかし、ある時礼状が来て子供も独立し、夫婦2人で食べきれないからもう結構です。というような礼状をいただきました。

桃も結構な値段がするし、相手が喜んでくれてるとばかり思っていたので、はっきり言ってくれてすっきりしました。

その後はお正月の年賀状だけの挨拶になりました。

お断りを伝えることで相手もすっきりすることもあります。

お中元は自分が喪中でも贈っていいの?水引は?時期にマナーはある?
お中元のお返し お礼の仕方は?贈る時期や金額について
喪中の我が家へ届いたお中元のお返しはどうする?水引や礼状の書き方は?


SPONSORED LINK

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする