梅雨の結露対策 窓は?カビの除去や換気や除湿の方法

梅雨の結露対策 窓は?カビの除去や換気や除湿の方法

じめじめした日が続く梅雨は気分もすっきりしないうえ、窓が結露でびしょびしょになり困ることもあります。

発生した結露は毎日拭いただけでは解決しません。

結露による湿気で窓枠や壁、床などにカビが生えることもあります。

カビは健康を損ねることもあるので結露が出ないよう対策をするこが大事ですね。

この記事は、梅雨の時期、窓や室内の結露対策や発生したカビの除去方法や換気の仕方についてまとめています。

SPONSORED LINK

梅雨の結露対策で窓や室内は?

結露は、寒い冬に発生することが多いです。
それは、屋外の冷たい空気と室内の水蒸気を含んだ空気が窓に触れることが原因です。

しかし、梅雨の場合には部屋の中と屋外ではそれほど温度差はないです。

雨が続き空気中に含まれる水蒸気の量が多くなり、それが室内へ入り混むのが梅雨に結露ができる原因です。

住まいでは、基礎にコンクリートが使われているマンションの方が一戸建て住宅より結露が発生しやすいです。
コンクリートには湿気が貯まりやすく、築年数が浅いほど湿気の量が多く結露が起こりやすいです。

窓に発生した結露対策

結露防止シートを張る

厚手の不織布が結露を吸収するしくみです。

貼っておくだけで給水と蒸発を繰り返し、毎日拭き掃除をする手間が省けます。
防カビ剤配合でカビの発生も防げます。

粘着加工があり簡単に貼れるし、剥がした後も糊の跡がつきにくいです。
梅雨の時期だけの利用にも便利です。

通販以外でも、100均やニトリでも販売されていますのでご近所でも揃えられます。

結露防止スプレー

防止スプレーで結露ができるのを軽減できます。

SPONSORED LINK

また自宅で使っている食器用洗剤でも結露防止スプレーの代用ができます。
食器用洗剤に含まれる界面活性剤が水をはじく作用があります。
ガラスコップがピカピカになるのもこの界面活性剤の働きです。

【使い方】
水500mlに大匙2杯程度の食器用洗剤を混ぜたものを雑巾に含ませて窓を拭きます。
その後乾いたぞうきんで窓を拭きます。

梅雨の結露でできたカビの除去方法は?

カビが発生すると胞子が飛び交います。

吸い込むことで喘息やアレルギー体質など健康面も損なうことがあるのでカビを見つけたら早めに除去しましょう。

結露ができる窓の枠が黒くなっていたらそれがカビです。

【用意するもの】
・ゴム手袋
・マスク
・カビ取りスプレー
・消毒用エタノール スプレータイプ

【カビ取りの方法】
まずパッキンについた汚れを落とします。

汚れ落としはマイペットや台所用洗剤を薄めた液でもよいです。
綺麗にふき取った後ティッシュ等をあてがい、その上からカビ取りスプレーを吹きかけます。

その他、惣菜が入っていた使用済みのトレーを利用してその中へカビ取りスプレーを入れ、ティッシュやキッチンペーパーを浸し、カビが発生したパッキンへのせます。

※この時にはゴム手袋を着用し、換気をしてください。
窓を開けることができない場合には換気扇を回してください。

ラップをして15~20分ほど待ちます。
ラップとティッシュを取り、絞った雑巾でふき取ります。

良く乾かし、スプレー式の消毒用エタノールで消毒をします。

※消毒用のエタノールは医薬品になります。
使用上の注意をよく読んでから使用してください。

梅雨の結露を作らない換気と除湿の方法

梅雨の湿気や結露は雨の影響だけでなくマンションという建物状の理由もあります。

目で確認できる表面結露と壁や天井など見えにくい内部結露があります。

壁や天井などにも結露が発生している可能性もないとはいえません。

室内の換気と除湿をして湿気を防きます。

換気方法

換気扇を使って部屋の換気をします。

梅雨の間でも晴れる日もあります。
換気扇を回し、換気扇と反対側の窓を20cmほど開けておくと空気の流通がよくなり効率よく換気できます。
また、扇風機を使って風の流れを良くすることもできます。

除湿の方法

●エアコンの除湿機能を使う
エアコンには除湿(ドライ)機能がありますからそれを活用すると良いです。

梅雨の時期には湿度は80%ほどになります。
人間の体は湿度が高いと温度も高く感じます。

部屋の湿度は40~60%に設定をしておくと体感温度も下がって冷房を使わなくても除湿でも快適に過ごせます。

●除湿器を使う

除湿器を置く位置は、温度が低くなる北側へ置くのが効果的です。
南側に比べると北側は日差しもなく室温が低いため、空気中に含まれる水蒸気の量も少なくなるため結露ができやすいからです。

●室内に湿気が発生するのを控える

・洗濯ものはなるだけ室内へ干さない
乾燥機等を利用したり、エアコンや扇風機を効率よく利用する。

・鉢植えや切り花(花瓶の水)を置かない
・浴室は換気して、開けっ放しにしない

など水蒸気を発生しにくくすることで結露も防げます。

まとめ

私の兄弟が新築マンションへ引っ越しました。

新居祝いに行ったら全部の家具を壁から20㎝ほど離していました。
換気扇がトイレ、洗面所、台所と全部つけっぱなしです。

理由は湿気がすごいんだそうです。
マンション建築の業者さんにも注意するように言われ、2年はこの状態を続けるようです。

最初に徹底して湿気対策をしておけば結露やカビの発生も防げて、壁紙の張替え費用などの節約につながるということ。

新しく綺麗なマンションは住み心地は良いですが、こういった点が苦労ですね。


SPONSORED LINK

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする